2015年05月27日

ワイヤレスキーボードで入力できなくなった

本日、パソコンがスリープ状態から復帰したときに、ワイヤレスキーボードからの
入力を受け付けなくなりました。キーボードは、EPSON の KG-1328 です。
ワイヤレスマウスは使えます。
下記を実施しても治らないので、EPSONのテクニカルセンターに電話しました。
・電池を一旦取り外して、再度取り付けた
・キーボードのコネクトボタンを長押しした

テクニカルセンターの指示により下記を実施しましたが、改善されません。
・USBワイヤレスドングルを他のUSBポートに差し替え、キーボードのコネクト
 ボタンを長押した
・パソコンの電源を切って、パソコンに接続されているケーブル類を取り外し、
 1分経過後(放電の意味があるとのこと)、再度起動した。

次に、パソコン本体とキーボードのどちらに不具合があるか、切り分けるため、
他のノートパソコンでワイヤレスキーボードが使えるか試してみて下さいとの事。
キーボードからは、やはり入力ができません。ワイヤレスマウスは、使えます。

テクニカルセンターの人も諦めて、キーボードを交換しますとの事でしたが、
最後にこちらでもう一度キーボードの電池を取り付け直したところ、治りました。
電池の接触不良だったのか?

結論: EPSONのワイヤレスキーボード KG-1328 から入力できなくなった時は、
 電池を取り付け直すと治った!




posted by ちょろねずみ at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 備忘録

2015年05月13日

GPT

GPT についてまとめてみました。

・GPT(GUID Partition Table)は、、ハードディスクドライブのパーティションテーブル
 の配置に関する標準規格である。
・GUIDとは、Globally Unique Identifier の略である。
・GPTは、UEFI仕様の一部である。
・GPTでは、最大8ZiB迄の領域を定義、管理できる。
・従来のMBR(Master Boot Record) は、LBA 0 にある。
・LBA とは、Logical Block Addressing の略である。
・パーティションテーブル・ヘッダーは、LBA 1 にある。
posted by ちょろねずみ at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 備忘録

2015年05月12日

Windows Boot Manager

今日は。劇団ひとりの代表で〜す。

bootmgr(Windows Boot Manager)について調べたので、自分にとって必要な事のみ
まとめてみました。

・bootmgrは、Vista、及び Server 2008 以降で採用されています。
・bootmgrは、BCD(Boot Configuration Data(起動構成データ))を参照します。
・BCDは、bcdedit.exe、EasyBCD等で編集できます。
・Windows Boot Manager のファイル名は、bootmgr です。
・bootmgr と BCDは、UEFIシステムパーティションに格納されます。

下記に Google 図形描画で図を書いてみました。

UEFIシステムパーティション

posted by ちょろねずみ at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 備忘録